2013年09月26日

生理が早い、遅い悩み



多くの女の子は9歳から11歳くらいに思春期に突入します。

そして、体つきが変わってきたり、恥毛やわき毛が生えるなど
身体が変化をし、12歳から13歳くらいで初潮を迎えます。

一般的に生理が10歳未満で始まった場合、
つまり初潮を10歳未満で迎えた場合は、
医学的には「異常」とみなされます。

ですから、10歳未満で初潮を迎えた場合は、
婦人科を受診するようにしましょう。

ただ、7歳以上であれば、ホルモンの分泌が早まったというだけのことが多く、
年齢と共に成長と発育のバランスがとれて来ると考え、
治療は行わないことが殆どです。

まあ、16歳以上になっても生理がこない場合も、
遅発性月経と診断されますが、
それ以降生理がきて、その生理が順調であれば大丈夫です。

ただ、18歳以上になっても生理がこない場合は、
染色体的に問題があったり、病気が考えられるなどしますので、
婦人科で診察を受け、診断を受けることが必要です。

思春期の女の子はデリケートです。

お友達よりも、生理が早い、遅いということで、
その悩みが、「誰にも言えない悩み」になっていることもあります。

生理に関しては個人差があることなど、
女性としての先輩である周りの大人が、
さりげなく話をしてあげるなどすると良いですね。








posted by おしも at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ●生理の悩み | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/375674600
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。